情報を集める

営業マンから情報が集まる体制作りが先決

どの業者も、「自社の儲け」を最優先にしています。そうしたなか、業者の思惑にふりまわされずに、希望どおりの物件を手に入れるには、どうしたらいいのでしょうか。何より大切なのは、複数の業者を相手にすることです。実際の店舗をまわり、インターネットで業者をチェックし、とにかく広い範囲に網を張ること。その手間を惜しんでは、いい物件にはなかなか出会えません。

というのも、売り物件はいきなり出てくるものだからです。そして、その物件が魅力的であるほど、短期間に動きます。いい物件の情報には、多くの業者や営業マンが素早く反応するのです。

そこで業者、とくに営業マンに対しては常々、「探していますよ」というメッセージを発しておくのが欠かせません。営業マンはそれぞれに独自の情報を持っていますので、なるべく多くの営業マンに情報を提供してもらえるような体制を作りましょう。

そして、いい情報を得たら、何をおいても俊敏に動かなければなりません。グズグズしていては、あっという間に他の誰かにとられてしまいます。いい物件は、いつどこに出てくるかわからないという点で、まさに「当たりくじ」と言えるでしょう。

とはいえ、中古マンションは新築マンションのように「人気物件だから抽選」ということにはなりませんので、十分、自分で運を引き寄せることができます。努力次第で、ほしい物件が手に入る可能性は高まります。その意味では、挑戦のしがいがあるというものです。根気よく努力を続ければ、希望どおりの物件を必ず手に入れられるはずです。