最低限の設備

病気やケガを防ぐ最低限の設備は整えよう

キッチンと同様、浴室や洗面所、トイレなどの水回りも毎日使う空間ですから、狭かったり圧迫感があったりするとストレスになります。とりわけ浴室は、一日の疲れを癒すくつろぎの場であり、健康面においても大切な空間です。中古マンション購入時に、浴室がどうなっているかを重視する人も多いでしょう。

そのため、新築マンションでは近年、浴室のスペースが大きくとられるようになっています。最新のユニットバスには、追い焚き機能や温度設定はもちろん、冷暖房や乾燥機能もついているのが一般的です。

さらに、浴室と脱衣場との段差をなくしたり、浴槽に手すりをつけるなど、バリアフリーが標準仕様となりつつあります。その点、築年数の古いマンションの浴室は、「使えさえすればいい」という感じのパッっとしないものが大半です。中古マンションを買う際は、購入金額に浴室のリフォーム代を含んで計画しておくのが賢明でしょう。

もちろん、「お金をかけたくないから割安な中古マンションを買うのに、わざわざリフォームなんて」と思う方もいるでしょう。しかし、温度設定や冷暖房、手すりがついていない浴室は、病気やケガのもとです。家の中でいちばん事故が多いのは、実は浴室なのです。

これは実際の調査でも明らかになっていることですから、とくに家族に高齢者がいるような場合は、設備を整えることをお勧めします。リフォームといっても、大げさなものではありません。ユニットバスなら必要な空間さえ確保できていれば、比較的簡単に装着できます。

毎日使うお風呂が快適でないと、ストレスがたまります。実際、それが原因で新築に買い換える人もいるくらいですから、気を配るに越したことはないでしょう。ただし、すべての中古マンションの浴室が使いづらいというわけではありません。分譲主のコンセプトによっては、浴室をはじめとする水回りの快適性を重視した物件もあります。こうした物件を見つけられれば、十分そのまま使うことが可能です。