満額で買うケース

中古マンションはときには満額でなければ買えないこともあります。それは、購入希望者が複数出てきた場合です。ほしがる人が多いのは、その物件が適正価格より割安に出てきているということです。ただし、だからといって弱気になり、すぐに飛びつくのは賢明ではありません。冷静に他の物件を当たってみましょう。他の物件と比較して、それでも満額出す価値があると判断したら、そこで初めて買いつけるのです。

また、営業マンと親しくなると、好意で割安物件を紹介してくれることがあります。たとえば、相場では3000万円の物件を2700万円でといった具合です。このとき図に乗って、買付証明書に「2500万円」などと書いては、うまくいきません。控えめに、「2650万円」くらいにしておきましょう。そして、営業マンが満額でなければダメだと言うときは、満額で買うのです。

営業マンは売り主との交渉のうえで、すでに十分安い価格を提示してくれているのだから、それ以上の値引きができないというのであれば、理解しなければなりません。このあたりの見極めができないと、有利な物件を買い損ねることになります。値引き交渉はあくまで相場との兼ね合いであり、「まけてくれ」の一本槍ではうまくいかないのです。