物件情報の入手方法

物件情報はその土地の業者がいちばん詳しい

中古マンションをどこに、いくらくらいで買えばいいのか。適切な判断をするためには、できる限り多くの物件情報を手にすることが大切です。

まずは、現在住んでいる地域で探す場合です。これは意外と簡単です。近くの物件は、自宅のポストに入ってくるチラシを見れば、だいたいわかります。ある地域に売り物件が出てきた場合、近隣に住む人が買ってくれる可能性が高いので、不動産業者は周辺に宣伝を行うものだからです。

また、業者は顧客リストを作る目的を兼ねて、オープンルームなども開催します。暇があれば見にいってみるといいでしょう。では、それ以外の地域で物件を探す場合はどうでしょうか。やはり、自分が住みたい地域の不動産業者をまわってみるのが、てっとり早い方法です。業者には、その店だけの情報があるからです。

もしかしたら、掘り出し物件が見つかるかもしれません。少なくとも、その街における不動産の価格動向や物件の状況がつかめるので、無駄足にはならないはずです。できれば、いくつかの物件を実地案内してもらい、価格や広さ、グレード感についての「勘」を養っておくといいでしょう。

ところで、中古マンションにおいては業者によって、あるいは同じ業者の中でも営業マンによって、価格設定に対する考え方にバラツキがあります。また、業者には「あの物件がいくらで売れた」とか「あの物件がいくらで出てきた」というような情報が常に出入りしているのですが、業者あるいは営業マンによってはいろいろな思惑があり、教えてくれたりくれなかったりします。

つまり、1つの業者や1人の営業マンに頼りすぎるのは危険ということです。買う側にとっては情報、とくにおトクな情報は多いほどいいわけですから、なるべく大勢の業者や営業マンと知り合うほうが得策です。手間を惜しまず、多くの業者や営業マンと付き合って、いい物件を手に入れましょう。