馴染みの業者

馴染みの業者を作る

インターネットは机上でいろいろな情報を得られる反面、物件の出所が判明しにくいという弱点があると述べました。では、情報量がある程度あって、どの業者の物件なのかがきちんとわかるシステムはないのでしょうか。実は、ないこともないのです。「レインズ」や「アットホーム」と呼ばれるものです。

不動産業者で物件情報を調べる際に、図面情報以外にこれらの情報を見せてくれるよう、頼んでみましょう。ただし、レインズやアットホームは業者がお金を出して導入しているシステムなので、簡単に見せてもらえるとは限りません。私の場合、地元の業者で見せてもらえることを知りました。今ではたびたび出向いて、あらゆる地域の物件情報をパソコン端末で検索しています。

このように、町の小さな業者でもいいですから馴染みになっておくと、手間をかけずに正確な情報を入手できます。その物件が本当にあるのかわからなければ、案内も頼めないのですから、これは大きいと言えるでしょう。こうしたサービスを提供してくれる業者は他にもありますので、あちこち訪ねてみるといいでしょう。あらかじめ電話などで確認するのを忘れないでください。