中古マンション市場の現実

中古マンションでは居住者が次々と売りに出す旬の時期があるらしいということ。 買うほうから見れば、築後5-10 年ぐらいが望ましいのです。 しかし中古市場にウリに出される物件は、築後10 年超から2 0 年前後ぐらいの物件が多い。ここにミスマッチがあります。これが中古マンション市場の現実です。中古マンションを買って、賃貸料収入で資産運用を進め ようと考える人は、周辺地域のマンション事情、不動産賃貸市場の状況に詳 しくなる努力が欠かせません。ですが、それだけでは足り ません。 不動産仲介業者とのネットワークを広げ、深くすること。こうして、あまり市場に出てこない築10 年未満の優良物件の情報を、他人よりも“先に”回して もらう 。これが必要なのです。そのため、売買を仲介する不動産業者には、「いい物件があれば、いつでも
買います」 という 姿勢を見せておかなくてはいけま せん。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*