No Picture

室内の検査

December 7, 2017 admin 0

目的…物件について物理的な面を知り、入居者の状況について感触加のに役立つ。また、もしこの物件を購入したとしたら、将来のキャッシュフローにどのような問題が起こるかを理解する助けとなる。動産の実際の状態を判断し、規模の大きな修繕がどれくらい必要かについての感触が得られる。 チェックポイント 現在の入居者のライフスタイルについての手がかり。麻薬がらみの犯罪関係者から不潔な生活をしている人々まであらゆるものを目撃してきた。ろくろく家具も持たず、床の上で眠り、身の回り品を重たそうなバッグに入れている入居者のいるユニットは、将来的には空き部屋になるおそれがある。 売主は賃貸中だと言っているが、住んでいる人がいないユニット。売主の中には、家賃台帳の内容を水増しして、本当は居もしない入居者をでっちあげる人や、単に記録の管理が悪くて現在の賃貸状況を把握していない人がいる。 なくなっている家具や電気器具、あるいは使用の寿命がほとんど切れかかっている備品。これらにあてはまる電気器具、カーペット、ビノール製の床板、キャビネットなどをすべてリストアップすること。 建物や設備に対する水や火、または入居者による大きな損傷。 各ユニットの害虫の問題を示すような証拠を探し、害虫駆除が必要な部分をすべて記録すること。