No Picture

家賃について読解する

June 17, 2018 admin 0

レントロールには決まった形式とフォーマットがないと言いましたが、場合によっては「賃料一覧表」と呼ぶ人もいるほどであり、また家賃について明かさない売主というのは信用に足りると言えませんので、基本的に、家賃についての言及はあるもの、と考えてよいかもしれません。 ではその家賃に関する情報ですが、いくつかの、定番の項目があります。 まず、入居がされている部屋に関して、現実にいくらの家賃を徴収しているか、についての項目です。ここに関しては、現実の表明ですから、数字を変えてしまったら虚偽報告ですので、基本的には事実と思って良いでしょう。とは言え、ここでもある程度の注意が必要です。 同じ間取りの同じ階にある二つの部屋で、大きく賃料が異なっているようなケースが、ままあります。この場合、多くは、対象の部屋の居住者の入居の時期が関係しています。賃貸は、新築の時点で一番家賃が高くなる傾向があります。こうしたシチュエーションにあっては、安い賃料で住んでいる人は入居が現在に近く、高い賃料の部屋の入居者は相対的に古い時期(=建物が新しい時期)に入居した可能性が高いと言えます。レントロールには、この入居時期の記入については義務付けている法などがありませんので、もし記載なき場合には、必ず教えてもらうようにした方が良いでしょう。 例えば、高い賃料を払っている古い入居者が退去した場合、それと同額の家賃設定は非現実的であり、新しい入居者の金額の方が参考になる、ということがわかると思います。その安い方の金額に比べてさえも、下げなければ入居者は集まらないだろうと判断されるケースも、大いにあり得るでしょう。